回文春秋

回文と鑑賞

生活

「いかんぜ負け犬!死ぬ、いけません会」

(いかんせまけいぬしぬいけませんかい) 【解説】「どうせオイラは負け犬なのさ。もう死ぬしかないんだ……」とぼやいていたら、知り合いの留学生が「いかんぜ負け犬!死ぬ、いけません会」を盛大に開いてくれた。 負け犬 (ハヤカワ ポケット ミステリ) 作者:…

伊代がめまい・肩こり……。いりこ・高い豆がよい

(いよがめまいかたこりいりこたかいまめがよい) 【解説】伊代ちゃんがめまい・肩こりに悩んでいると、医者はいりこや高い豆を勧めてくれた。 伊代にもできた! 知識ゼロからの基本料理 (廣済堂ベストムック277号) 作者: 松本伊代,しらいしやすこ(監修) 出版…

買うよ……、「地底国の音で遠のく恋手帳」か?

(かうよちていこくのおとでとおのくこいてちようか) 【解説】どうしても「地底国の音で遠のく恋手帳 2018」を買ってきてほしいと頼まれていた夫。忘れたふりをしていたが、妻に念を押されて購入に踏み切ったのである。皆さんも、手帳は早めに買いましょう…

「指つめ、止め!」ツビュ!

(ゆびつめやめつびゆ) 【解説】兄貴が指を詰める覚悟で刃物を当てた瞬間、親分が飛び込んできて「指つめ、止め!」と叫んだ。しかし「ツビュ!」という音と共に……。アウトロー映画の金字塔「ザ・外道音頭」シリーズの一場面である。 手品の道具 仮 指 切断…

不可思議な 道々みな義肢買ふ

(ふかしぎなみちみちみなぎしかふ) 【解説】この街では、道々で誰もが義肢を購入している。いったいどういう訳であろうか。 コンビニのない町の義肢メーカーに届く感謝の手紙 作者: 中村俊郎 出版社/メーカー: 日本文芸社 発売日: 2011/05/27 メディア: 単…

伊勢かつらが似合う兄が落花生

(いせかつらがにあうあにがらつかせい) 【解説】伊勢市は知る人ぞ知る、かつらマニアの集うカツラーの聖地である。そんな伊勢のかつらが兄にはよく似合う。喜んだ兄はおみやげに落花生を買ってきてくれた。落花生は秋の季語。 nttbj.itp.ne.jp

イナゴ湧く地に「なか卯」かな(煮竹輪こない)

(いなこわくちになかうかなにちくわこない) 【解説】イナゴが湧くように大量発生する場所に「なか卯」が開店した。しかし、煮た竹輪を注文しても来ない、ひどい店だった。 いなごの日/クール・ミリオン: ナサニエル・ウエスト傑作選 (新潮文庫) 作者: ナサ…

昨夜、ガス代出すが……ヤクザ。

(さくやがすだいだすがやくさ) 【解説】昨夜、あの人がとうとうガス代を払ってくれた。でも、ヤクザだった。 ヤクザになる理由 (新潮新書) 作者: 廣末登 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/07/14 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る

秋の朝 ゆでめん愛でゆ さあノキア

(あきのあさゆでめんめでゆさあのきあ) 【解説】肌寒い秋の朝。ゆでめんが大好きな私は食べ終えると気分一新、さあ、ノキアの携帯で通話をしよう。 Nokia 105 (2015) 改良版 SIMフリー 格安海外携帯電話 並行輸入品 (Cyan Blue シアンブルー) 出版社/メー…

四月半ばの墓 懐かし

(しかつなかはのはかなつかし) 【解説】四月半ばに訪れたあの墓のことを、今ではもう懐かしく感じられることだなあ。 墓場鬼太郎 (1) (角川文庫―貸本まんが復刻版 (み18-7)) 作者: 水木しげる 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2006/08/01 メディア: 文…

いーわ!嬉しい!横浜箱!酔い痴れ、うわーい!

(いーわうれしいよこはまはこよいしれうわーい) 【解説】喜んでもらえるのは良いが、こうまで喜ばれると気が引けてしまう。「横浜箱」はシウマイでも入っていそうな雰囲気である。 横浜名物 シウマイの崎陽軒 キヨウケン 真空パック シュウマイ 60個入(15…