読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回文春秋 / 季語と季節は何でしょう?

2015年の前半は回文、後半は俳句のブログだった跡地

有名人・著名人

牧瀬卯穂のいびる、ルビイの宝石魔

(まきせうほのいびるるびいのほうせきま) 【解説】「ウッホで~す!」のセリフでお馴染みの牧瀬卯穂は、牧瀬里穂のそっくりさんタレントだが、最近ほとんど需要がない。このため、自宅にいる大泥棒「ルビイの宝石魔」を暇つぶしにいびって、いびって、いび…

滝にまた赤毛のアン「あの外科、頭にきた!」

(たきにまたあかげのあんあのげかあたまにきた) 【解説】赤毛のアンが滝に打たれながら「あの外科、頭にきた!」と激怒している。石板で思いっきり外科医の頭を叩くつもりらしい。 赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫) 作者: ルーシー・モー…

NOW!カツオ、ワカメ、タラ、駄目!川お使うな!

(なうかつおわかめたらためかわおつかうな) 【解説】どうしても川を使ってほしくない!駄目、ゼッタイ!という河童の強い気持ちが表れた手紙の一節である。不慣れな日本語を駆使し、英語混じりで抗議している。一体カツオ、ワカメ、タラの三人はどれほどの…

アイアンマン、あんまん愛!「あー!」

(あいあんまんあんまんあいあ) 【解説】アイアンマンは、あんまんを愛するあまり「あー!」と叫んだ。仮面ライダーアマゾンみたいで、逆にカッコいい。 アイアンマン [Blu-ray] 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 発売日: 2010/05/…

「ポエム書いていかむ!」EPO

(ぽえむかいていかむえぽ) 【解説】これからは「ポエム書いていかむ!」と強く決意する、シンガーソングライターのEPOであった。ちなみに筆者はEPOの曲では「身代わりのバディー 」「うわさになりたい」「海沿いの秋」を強く推薦したい。 GOLDEN☆BES…

ダリ「銀染みの殺し屋・白子のみじん切りだー!」

(だりぎんじみのころしやしろこのみじんぎりだ) 【解説】法被に銀の染みが点々と付着している殺し屋・白子がついに包丁を握った!「――アタイを本気にさせちまったようだね……」「殺し屋・白子のみじん切りだー!」と町人のダリが手下キャラの役割とばかりに…

三年寝太郎「道路だ!ネンネンさ!」

(さんねんねたろうどうろたねんねんさ) 【解説】三年寝太郎がいよいよ目を覚まし、活躍するかと思ったら道路を発見した。「ちょうど寝るのにふさわしい場所が見つかったぞ」と言いたいらしい。 永山酒造 純米焼酎長期貯蔵 三年寝太郎 25度 720ml×2本 出版…

「なでしこジャパン、半端や!」「事故死でな……。」

(なでしこじやぱんはんぱやじこしでな) 【解説】おや?今日の試合はなでしこジャパンのメンバーが半分くらいしかいないようだが……、と不審に思っていると、隣の男がこっそり事情を教えてくれた。逆境に負けるな、なでしこジャパン! なでしこJAPAN W杯展望…

綿・尻・靴・瓶「西城秀樹、デビウよ!」爺さん「ビックリしたわ!」

(わたしりくつびんさいじようひできでひうよじいさんびつくりしたわ) 【解説】綿と尻と靴と瓶が揃って「ブレーメンの音楽隊」風に「西城秀樹、デビウよ!」と大声で叫んだ。お爺さんは「ビックリしたわ!」とその声に心底驚いた様子である。 西城秀樹 スー…

森繁久弥さ、髭、尻も!

(もりしげひさやさひげしりも) 【解説】森繁はあくまでも森繁久弥であって、髭や尻も含めて全てが森繁なのだ!という主張である。 森繁久彌大全集 アーティスト: 森繁久彌,コロムビア女声合唱団 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメン…

「夜更けさ……」と「痛いか?」そこでハナ肇「しめじは那覇で買いたい!」と叫ぶよ!

(よふけさといたいかそこではなはじめしめじはなはでこそかいたいとさけふよ) 【解説】傷を負った刑事が夜更けに会話をしている。そこに突然、昭和のコント的な間でハナ肇が登場し、訳のわからないひと言を叫ぶ。 あの頃映画 「馬鹿が戦車でやって来る」 […

(つつー)冷たい水、あずみ痛めつつ(つー)

(つつつめたいみずあずみいためつつつ) 【解説】水の中に潜み、敵の追っ手から逃れようとするあずみ。冷たい水が(つつー)と流れ、傷口を容赦なく痛めつける。 あずみ(48) (ビッグコミックス) 作者: 小山ゆう 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2012/0…

徹子の部屋へ、残って……。

(てつこのへやへのこつて) 【解説】徹子の部屋で開催されたパーティが終り、集まった仲間たちが三々五々、帰り始める。と、その時――、ふとあなたの耳元で徹子の唇が囁く……。 『徹子の部屋』40周年Anniversary Book (ぴあMOOK) 出版社/メーカー: ぴあ 発売…

太閤検地で、ちん毛、動いた?

(たいこうけんちでちんけうこいた) 【解説】前回の刀狩りに続いて、秀吉に関する授業である。こうなると生徒のお喋りよりも、先生の発言の方が授業妨害のようである。その時、ちん毛は動いたのだろうか? 日本経済史―太閤検地から戦後復興まで 作者: 老川…

刀狩りだよ!ダリが鉈か!

(かたながりだよだりがなたか) 【解説】先生が元気よく「刀狩りだよ!」と叫んだかと思うと、次の瞬間には鬼のような形相で「ダリが鉈か!」と怒っている。農民の中にいたずら好きのダリが紛れ込んで、鉈を隠していたに違いない! ダリ全画集 (タッシェン…

ザビエルちゃん、快感や!散る海老座……。

(ざびえるちやんかいかんやちるえびざ) 【解説】先生が急に叫んだかと思うと、急に沈み込んだ。フランシスコ・ザビエルになりきって、胸の前で変な風に手を交差して、芝居小屋・海老座の栄枯盛衰に思いをはせていたらしい。 ザビエルの見た日本 (講談社学…

大名ども、どうよ?未唯(mie)だ!

(だいみようどもどうよみいだ) 【解説】授業中につい熱中して「どうよ?」と脳内の大名どもに語りかけてしまう先生であった。生徒たちの目には先生が見えているが、先生の目には大名どもと、未唯の姿しか見えていない。 GOLDEN☆BEST/未唯 ハレルヤ・ハリケ…

武田信玄、変幻し、抱けた!

(たけだしんげんへんげんしだけた) 【解説】生徒「何を抱けたんですか?」先生「さあ、何だろうね?考える力を養うために、皆で考えてみよう!!」と勢いで誤魔化す先生であった。 武田信玄―風林火山の名武将 (学習漫画 日本の伝記) 作者: 柳川創造,古城武…

琵琶の子・聖徳太子が強いた工藤良子の侘び!

(びわのこしようとくたいしがしいたくとうよしこのわび) 【解説】「琵琶の子」という呼ばれ方もする聖徳太子は「侘び、入れろや!」と工藤良子に迫ったのであった。工藤良子さんは検索したら見つかったので(リンク先参照)聖徳太子に負けずに、これからも…

(ダン!)命令!伊代、聖子と恋せよ!いい冷麺だ!

(だんめいれいいよせいことこいせよいいれいめんだ) 【解説】芸能事務所の社長がいきなり、松本伊代に「聖子と恋せよ」と命令を下した。反論をする間も与えられず、話題をいきなり冷麺に切り替えてしまう。恐ろしい芸能史の闇の一場面である。がんばれ、伊…

水揚げ量より……、げ!あずみ!

(みずあげりようよりげあずみ) 【解説】悪い漁師たちが「水揚げ量(の話題)より……(悪事について相談しよう)」とひそかに作戦会議を目論んでいたところへ、正義の使者・あずみが現れた。無論、悪人どもを懲らしめるためである。 あずみ(1) (ビッグコ…

「武家、サガン、坂田三吉はチキンさ!」貴さんが叫ぶ

(ぶけさがんさかたさんきちはちきんさたかさんがさけぶ) 【解説】とんねるずの貴さんがチキン(臆病者)だと罵っているのは武家、サガン、坂田三吉という三者三様の取り合わせである。 とんねるずのみなさんのおかげでした 全落・水落オープンBOX [DVD] 出…

達也「地デジから火事、出ちゃった……」

(たつやちでじからかじでちやつた) 【解説】南「もう!タッちゃんったら!」 タッチ もうひとつのラストシーン (小学館文庫) 作者: 青木ひかる 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2005/08/05 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 34回 この商品を含むブログ…

感動のカブトムシ「オシムと部下のうどんか…!」

(かんとうのかぶとむしおしむとぶかのうとんか) 【解説】感動のカブトムシは、オシム元監督の部下をうどんだと思い込んでおり、再会した時に勝手に感動して叫んだ。 「カブトムシ」ピンバッチ ゴールド メディア: ジュエリー この商品を含むブログを見る

れ、牟田悌三?どうぞいてタムレ!

(れむたていぞうどうぞいてたむれ) 【解説】自宅にいきなり牟田悌三が現れた。思わず「れ!」と驚き、気が動顚して「どうぞいてタムレ!」と変な言葉遣いになってしまったのであろう。

カミュの孫は胡麻野ユミカ!

(かみゆのまごはごまのゆみか) 【解説】ここだけの話だが、ノーベル文学賞作家のカミュの孫は、日仏ハーフの胡麻野ユミカなのである(くれぐれもこの件はご内密に……)。 異邦人 (新潮文庫) 作者: カミュ,窪田啓作 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1963/07…

地球からかう諭吉

(ちきゆうからかうゆきち) 【解説】少年時代の福沢諭吉は「やーい、やーい、地球のバーカ!丸すぎ!しかも自転しつつの公転て!ありえへんわ!」と地面に向かって、からかい三昧の日々を送っていたようだ。 福沢諭吉の哲学―他六篇 (岩波文庫) 作者: 丸山眞…

正岡子規「シカオ様~!」

(まさおかしきしかおさま) 【解説】正岡子規はスガシカオの大ファンである。ライブ会場で出待ちをしつつ、大声で「様」を付けて呼んでいる。手作りのクッキーを渡したりもするようだ。 ALL SINGLES BEST アーティスト: スガシカオ 出版社/メーカー: BMG JA…

ブラームスです!『ムー』LOVE!

(ぶらーむすですむーらぶ) 【解説】作曲家のブラームスは雑誌「ムー」が大好きで、新学期の自己紹介はいつもこんな調子だったらしい。 ムー 2015年 04 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 学研マーケティング 発売日: 2015/03/09 メディア: 雑誌 この商品を含む…

蔦と富士、葵――、泉鏡花の買うよき水「いいお味……」ふと立つ

(つたとふじあおいいずみきようかのかうよきみずいいおあじふとたつ) 【解説】蔦と富士と葵、といった取り合わせの日本画の飾られた和室であろうか。女は泉鏡花が買う名水を飲み「いいお味……」と洩らして、ふと立つ。 高野聖・眉かくしの霊 (岩波文庫) 作…

「横溝だぞ!」「巫女よ!」

(よこみぞだぞみこよ) 【解説】ミステリ界の大御所・横溝正史と巫女が喧嘩をしている様子である。やがて二人は、道ならぬ恋に落ちるのであろうか……? 金田一耕助ファイル3 獄門島 作者: 横溝正史 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2012/10/0…

ダ・ビンチ「やば!家賃日だ!」

(だびんちやばやちんびだ) 【大意】レオナルド・ダ・ビンチは今日が家賃を払う日であることに気づいて、思わず叫んだ。 【解説】やばい!三十日までに払わないと、追い出されてしまう!という焦りを表現している。 レオナルド・ダ・ヴィンチの手記 上 (岩…

「偉大だ!」「見たけ?鳥山明だ!」「働き、海女やり遂げたみたいだい!」

(いだいだみたけとりやまあきらたはたらきあまやりとけたみだいだい) 【解説】鳥山明は「ドラゴンボール」他を描いた有名漫画家である。働く必要もないほどのヒット作を生みながらも懸命に働き、海女の仕事をやり遂げた姿に皆が感心している様子である。な…

ウソ泣き・いびき・セクハラすら――!白石贔屓な僧

(うそなきいびきせくはらすらはくせきびいきなそう) 【大意】ウソ泣き、いびき、セクハラすら行う新井白石を贔屓し、庇護する僧がいた。 【解説】新井白石は江戸時代中期の旗本・政治家・学者。どこの世界にも権力者に贔屓される人物はいるものである。 新…

竹取の翁が泣き、お海苔溶けた

(たけとりのおきながなきおのりとけた) 【大意】竹取の翁が泣いたため海苔が溶けた。 【解説】涙の水分と温度によって、海苔がほぐれたのであろう。 竹取物語 (岩波文庫) 作者: 阪倉篤義 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1970/01 メディア: 文庫 クリッ…

ダリ「分度器土器丼だ!」

(だりぶんどきどきどんぶりだ) 【大意】ダリが「分度器土器丼だ!」と叫んだ。 【解説】ダリは天才的な芸術家なので、よく分からない丼を一つや二つ発明しても不思議ではない。 僕はダリ (芸術家たちの素顔) 作者: キャサリン・イングラム,アンドリュー・…

スナフキンさん「寄付……、茄子」

(すなふきんさんきふなす) 【大意】スナフキンさんが茄子を寄付してくれた。 【解説】スナフキンはムーミンシリーズに出てくる、寡黙な旅人である。 スナフキンの名言集 作者: トーベ・ヤンソン,サミ・マリラ,渡部翠 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2010…

「どんなの?」かしまし娘住む島、鹿の納戸

(どんなのかしましむすめすむしましかのなんど) 【大意】かしまし娘の住む島には、鹿の納戸があるというので「どんなの?」と訊いた。 【解説】思わず「どんなの?」と言いたくなる、謎めいた納戸である。 コロムビア盤かしまし娘 アーティスト: かしまし…

意味不明に近いツッコミシリーズ

「管理教育?よく言うよ、キリンか!」 (かんりきよういくよくいうよきりんか) 【解説】管理教育への不満はわかるが「キリン」とは意味不明である。つい勢いに負けて、謝ってしまいそうな迫力。 「夜、だるい……」「どんなコナン・ドイルだよ!」 (よだる…

かっこいい!ヘリの君は三木のり平「行こっか?」

(かつこいいヘリのきみはみきのリヘいいこつか) 【大意】ヘリコプターでやって来た男は三木のり平であった。「行こっか?」軽く問いかける様子がかっこいい。 【解説】これほど三木のり平が格好よく描かれる回文は、おそらく空前絶後であろう。 のり平のパ…

アギーレ監督、行く「豚カレー ギア」

(あぎーれかんとくいくとんかれーぎあ) 【大意】アギーレ監督が豚肉入りカレーの店「ギア」に行く。 【解説】実際は「元監督」だが、回文的には「元」を入れると苦しいので、そこはスルーしていただきたい。 アギーレ 言葉の魔術師 作者: 小澤一郎 出版社/…

科目に数学なし――。泣くガウス「肉もか!」

(かもくにすうがくなしなくがうすにくもか) 【大意】学校の科目に数学がないため、ガウスは泣いた。さらに肉もないという宣告への嘆き。 【解説】ガウスは数学者である。さすがに学校の科目に数学がなければ、才能を発揮することができない。その上、肉も…

か、仮面ちきりん、論理きちんメカか!

(かかめんちきりんろんりきちんめかか) 【大意】仮面の女・ちきりんは、論理がきちんとしているメカ(機械)か! 【解説】「ちきりん」は有名ブロガーで関西出身。バブル期に証券会社に就職し、その後、米国への大学院留学を経て、外資系企業に勤務という…

「敵おるで!」磯野波平へ「皆、覗いてる!起きて!」

(てきおるていそのなみへいへみなのそいてるおきて) 【大意】「(周囲には)敵がおるで!」と誰かが叫び、味方の磯野波平へ「皆、覗いてる!起きて!」と言う。 【解説】磯野波平は戦争体験があるらしい。敵軍に包囲され切迫した空気の中、寝ていて起きな…

私、クッククックしたわ!

(わたしくっくくっくしたわ) 【大意】私は「クッククック」した。 【解説】桜田淳子がヒット曲「私の青い鳥」を歌った過去を回想している。

「死ぬまで丹下左膳、グンゼさ!」源太、デマ主

(しぬまでたんげさぜんぐんぜさげんたでまぬし) 【大意】「死ぬまで丹下左膳はグンゼ(のパンツを履いたまま)さ!」とデマを流した主は源太である。 【解説】源太という名前だけにデマの源流。グンゼのパンツは子供が履くものなので、中学生くらいになる…

ケダモノ以下やん!線路で論戦・夜会……、野茂だけ!

(けだものいかやんせんろでろんせんやかいのもだけ) 【大意】線路で論戦や夜会を行うのは野茂だけであり、ケダモノ以下である。 【解説】線路に石を置く程度の迷惑行為なら理解できるが、「論戦」「夜会」とは限度を越えている。野茂の身に何かあったのだ…

ともちん(板野友美)シリーズ

「嗚呼、間抜け!ともちんとダンカンちん、頓珍漢だ!頓智も解けぬ!」「まああ!」 (ああまぬけともちんとだんかんちんとんちんかんだとんちもとけぬまああ) 【解説】ともちんは元AKB48の板野友美である。クイズ番組でたけし軍団のダンカンと組んで頓珍漢…

永六輔が消す「黒い絵」

(えいろくすけがけすくろいえ) 【大意】永六輔が「黒い絵」を消した。 【解説】「黒い絵」はゴヤの有名な絵画連作。公共広告機構の「黒い絵」というCMもある。

和田アキ子、屁こき「あ」だわ……。

(わだあきこへこきあだわ) 【大意】和田アキ子は屁をこいても「あ」としか言わない。 【解説】恥ずかしがることも、詫びることもない様子、おそらく日常茶飯事なのであろう。 [着信音/着メロ] 笑って許して (メロ) [オリジナル歌手 : 和田アキ子] アーティ…