回文春秋

回文と鑑賞

年中行事

中沁みも冷たさ溜めつ紅葉かな

(なかじみもつめたさためつもみじかな) 【解説】紅葉狩りをしていると、オシッコを少し漏らしてしまった。下着の沁みに、晩秋の冷気が溜まるように冷え冷えとしてくる……(私の心も)。紅葉は秋の季語。 紅葉絶景 首都圏版 (ぴあMOOK) 出版社/メーカー: ぴ…

松茸や腰痛通よ焼けた妻

(まつたけやようつうつうよやけたつま) 【解説】松茸狩りをしていると、腰が痛くなってくる。腰痛に詳しい「腰痛通」の頼もしい妻は日に焼けるほど松茸に夢中である。「松茸」は秋の季語。 高級旅館御用達 松茸 ボリューム満点 秋の味覚 天然松茸 特大開き…

四月半ばの墓 懐かし

(しかつなかはのはかなつかし) 【解説】四月半ばに訪れたあの墓のことを、今ではもう懐かしく感じられることだなあ。 墓場鬼太郎 (1) (角川文庫―貸本まんが復刻版 (み18-7)) 作者: 水木しげる 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2006/08/01 メディア: 文…

イカす吊り輪・お神輿の仕込み、終わりっすかい?

(いかすつりわおみこしのしこみおわりつすかい) 【解説】祭りの準備が終った頃になってからひょっこり現れて「終りっすかい?」と惚けた発言をする軽いノリの男。吊り輪が祭りとどう関係するのかは謎である。 神輿大全 作者: 宮本卯之助 出版社/メーカー: …

虎、ゴディバ奪いて「コラ!」と

(とらごでいばうばいでごらと) 【大意】虎がゴディバ(のチョコレート)を奪って「コラ!」と怒られた。 【解説】野良猫がお魚をくわえて逃げるようなノリで、虎が高級チョコレートを奪って逃げたようだ。 ゴディバ (GODIVA) ラッピング ミニハート缶 5粒 …

中は何と!スイーツLOVE子が、コブラツーイスト!んなバカな……。

(なかはなんとすいーつらぶこがこぶらつーいすとんなはかな) 【大意】(箱の)中身は何と、スイーツが大好きなLOVE子がコブラツイストをしていた?そんなバカなことはあるまい。 【解説】バレンタインデーは箱に入ったチョコレートを渡したり、渡され…