回文春秋

回文と鑑賞

山之介

妖しき写楽は蔵・屋敷じゃあ!

(あやしきしやらくはくらやしきしやあ) 【解説】謎の浮世絵師・写楽の正体は単なる町人ではなく、蔵のある屋敷に住んでいる人物だという情報が入った。さっそく十手を片手に現場へ急ぐ、目明し山之介(山さんの先祖)じゃあ! 写楽を追え―天才絵師はなぜ消…