回文春秋

回文と鑑賞

将棋

泣け、坊っちゃんや!

「詰めろです」「……くそ!」「悔しい?泣け、坊っちゃんや!ちっぽけな意志・約束、捨てろ!滅!」 (つめろてすくそくやしいなけほつちやんやちつほけないしやくそくすてろめつ) 【鑑賞】将棋が強いことを鼻にかけていた坊っちゃんは、師との二枚落ち対局…

四段「何で、つい “『金枝篇』へ心機一転 ” なんだよ?」

(よだんなんてついきんしへんへしんきいつてんなんだよ) 【解説】将棋の新四段は、半年で二人ずつしか昇段できない狭き門である。新四段のうち一人は色紙に「努力」「克己心」などと平凡な言葉を書いている。もう一人は「『金枝篇』へ心機一転」などと書い…