回文春秋

回文と鑑賞

回文讀物

9月のまとめ

今月からまた回文を作るようになったので、以前のように月に一度は現在の状況をメモしておくことにする。 とりあえず9月末までは、ほぼ一日一回以上の更新ペースが続いている。ストックが沢山あるので、10月半ばまで予約投稿しても余りが出るほどである。 …

話好きの蓼科くんシリーズ

比較的手軽に、回文作りを楽しめる定型を思いついた。 「話好きの蓼科くん」という設定を作って、彼がどういう風に話をするのかを報告するのである。 形としては「たてしなは~」で始めて「~はなしてた」で終わらせる。 蓼科は「トスして死す」と話してた(…

帰ってきた回文春秋

以前書いた回文を読み返しているうちに、回文作りにまた意欲が湧いてきた。 このブログを放置しておくのはもったいないので、不定期ながら再開することにした。 思うに回文作りには、普通の創作とは異なる性格があって、ただ「任意の言葉をひっくり返して、…

回文集「痛みそうならキラキラな嘘みたい」

「回文春秋」の回文をまとめて回文集「痛みそうならキラキラな嘘みたい」として再整理しました。 kakuyomu.jp 以前のベスト100を元に、解説に多少の訂正を加えています。

回文讀物:6月のまとめ

本日でとうとう「回文春秋」はお終いである。 もともと自分はナンセンスでバカバカしいことを書きたいという欲望が有り余っているのだが、それでも、 「ここまでナンセンスでバカバカしくて、いいのだろうか?」 と自分に問いかけたくなるほどのナンセンス性…

回文讀物:回文を作って六ヶ月

いよいよ今月いっぱいで回文ともお別れである。 来月からは俳句を一日一句ずつ発表して、読者に季語と季節を当てて楽しんでもらうクイズ風のブログというスタイルに変えてみたい。 ところで、来月からは「季語と季節を当てた!」という正解者だけが、はてな…

回文讀物:5月のまとめ

5月は「これぞ!」と自分で思えるような回文は少なかった。 日本史のシリーズはバカバカしいので個人的には好きだが、単独で見ると苦しい。 (つつー)冷たい水、あずみ痛めつつ(つー) 徹子の部屋へ、残って……。 大名ども、どうよ?未唯(mie)だ! 鎌倉幕…

回文讀物:回文を作って五ヶ月

回文を作り始めて五ヶ月、いよいよご臨終の時が来てしまったようで、このところまったく新作ができない。 そこで先月も書いたように、六月いっぱいで今の「一日に回文を一作発表する」スタイルは終了として、俳句を一日一句のペースで発表する形ににシフトし…

回文讀物:4月のまとめ

「一年間は毎日更新するぞ!」 と威勢よく始めた当ブログだが、いよいよ6月末くらいで回文のストックが尽きてしまいそうである。 「もう思いつかないのでやめます!」 と宣言して、いきなりやめるのもちょっとナニなので、 1~6月=回文 7~12月=前半で…

回文讀物:回文を作って四ヶ月

回文を作って四ヶ月、そしてこの記事は三百回目の更新となった。 しかしここ半月ほどは、ちょっと思いついた単語をひっくり返してもなかなか回文にならないし、新機軸も見つからない。 一応、一年間はこのブログを毎日更新しようと思っていたのだが、このま…

回文讀物:3月のまとめ

3月は何と言っても「外科医・白戸沢先生」がドラマ化されたことが一大事件で、これは全く予想もつかない驚きであった。 <a href="http://hiruyo.hateblo.jp/entry/2015/03/14/%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9…

回文讀物:回文を作って三ヶ月

回文を作り始めて三ヶ月が過ぎた。 最近は「新機軸を打ち出した!」と思えるようなものが減ってきたかわりに、淡々と同じ質のものを生産できるようになったという感じである。 このブログは毎日正午に更新して、大体一時頃までに日課的に読んでもらえるよう…

回文讀物:2月のまとめ

・2月は「回文の作り方」の初級編を書いたらよく読まれたようだったので、中級編もそのうち書いてみたい。 ・来月も原則的には正午に更新して、翌月分の予約投稿が埋まって余力があったらその他の時間帯にも更新する。 ・今月の自薦によるベスト作品は以下…

回文讀物:回文を作って二ヶ月

このブログは12月12日に開始したので、今日で二ヶ月となった。 毎月12日は「回文春秋の日」と定めて、近況等をお伝えしたい。 さて、1月は毎日のように新しいと思えるアイディアがポンポン出てきたものだが、最近は回文を作っても、以前に作ったものと似た…

回文讀物:1月のまとめ

今週のお題「今年の抱負」 今年の抱負はずばり「回文春秋を毎日更新する!」である。 1月は一日二回、真夜中と正午に更新してきたが、さすがにこのペースで通すのは難しいので、二月はとりあえず正午の一回のみの更新とする。 何となくこのブログは正午に更…

回文讀物:回文を作って一ヶ月

このブログを始めたのが12月12日なので、今日で一ヶ月が経った。 年末になってから過去を振り返ると手遅れになりそうなので、いま現在の状況や考えをメモしておく。 1.更新について ・「毎日更新する」という目標を立てたので、これは守り続けたい。 ・今…

回文讀物:2014年の自作ベストテン

新年早々、はぴらき (id:hapilaki)さんのブログで紹介していただいたので、これからは新規の来訪者が激増するかもしれない。 <a href="http://hapilaki.hateblo.jp/entry/legends-have-begun-since-2015" data-mce-href="http://hapi…

回文讀物:量子力学と回文作り

「Wired」はユニークで予想もつかないような記事が多く、この内容で五百円は安いと思わせる雑誌である。 WIRED VOL.14 (GQ JAPAN.2015年1月号増刊) 出版社/メーカー: コンデナスト・ジャパン 発売日: 2014/11/25 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (5件) …

回文讀物:頻度の高いひらがな

<a href="http://www.excite.co.jp/News/bit/00091179941794.html" data-mce-href="http://www.excite.co.jp/News/bit/00091179941794.html">「あいうえおかきくけこ……」一番使われているひらがなはどれ? - Excite Bit コネタ</a> 「あいうえお…

回文讀物:回文作りの効用

自分の書いている別のブログで二回に分けて「回文作りの効用」について書いた。 <a href="http://hint.hateblo.jp/entry/2014/12/21/%E6%9B%B8%E3%81%8F%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%97%E6%97%A5%E8%A8%98%EF%BC%9A%E5%9B%9E%E6%96%87%E4%BD%9C…

回文讀物:回文作り支援ツール

「回文讀物」では回文に関する考えや情報について書く。 今回は、回文作りのために役立つ支援ツールとして「回文エディタ」をご紹介しよう。 文字を入力すると、鏡に映したようなさかさまの文字が自動的に出てくるようになっている。 文字を打つや否や、即座…