回文春秋

回文と鑑賞

かつてカリスマ、いまスリか……。哲か?

(かつてかりすまいますりかてつか) 【解説】この回文ブログには「哲」という人物が時々登場する。下積みを経てカリスマ的存在の「TETSU」になったものの、今は落ちぶれてスリになって捕まり、同級生だった刑事と思わぬ再会をしてしまった。 カリスマ助産師…

哲がやけにニヤニヤ……。「に、にやけやがって……!」

(てつがやけににやにやににけやがつて) 【解説】哲がやけにニヤニヤしているせいで、誰かが腹を立てている。いつもと違って、哲はやけに上機嫌である。 カッティングステッカー スマイル(にやにや)SMILEニコちゃん Color:ブラック[並行輸入品] 出版社/…

哲「駄目やん!『肌のお手入れ、くれい!』て、小野田はん、やめたって!」

(てつためやんはだのおていれくれいておのだはんやめたつて) 【解説】化粧品店に乗り込んで「肌のお手入れ、くれい!」とヤクザまがいの嫌がらせをして暴れている、小野田はん。哲は必死で乱暴狼藉を止めようと試みるが……。 生きる 作者: 小野田寛郎 出版…

怒る哲「震災後のゴイさん、知ってるかい?」

(いかるてつしんさいごのごいさんしつてるかい) 【解説】あの温厚な哲が、ついに怒り「震災後のゴイさん(の窮状を)、知ってるかい?」と問いかけた――。 大震災後の社会学 (講談社現代新書) 作者: 遠藤薫,高原基彰,西田亮介,新雅史,関谷直也 出版社/メー…

九谷コンガを頑固に叩く

(くたにこんがをがんこにたく) 【解説】帰宅した哲は、九谷焼のコンガを頑固に、しつこく叩いた。しかし焼き物だけに、いい音は出ない。それでも鬱屈をぶつけるように、叩き続ける。 九谷焼 陶器 一輪挿し 小紋ぶどう 出版社/メーカー: 九谷焼 メディア: …

哲「糸電話、からかわんで!」と言って……。

(てついとてんわからかわんてといつて) 【解説】いじめられっ子の哲は、周囲の者から糸電話のことでからかわれている。スマホや携帯どころか、糸電話を使用しているためである。抗議するものの、さほど効果はない。 かぐや姫竹糸電話 出版社/メーカー: 和…