回文春秋

回文と鑑賞

ヤクザ

「何故だ!めかした読モかも?」「九度、確かめたぜ!な?」

(なぜためかしたどくもかもくどたしかめたぜな) 【解説】あの美女は素人ではない、と見たヤクザが、手下のチンピラ二人に確かめに行かせた。しかし、まったくの素人だという……(回文の冒頭に戻る)。 読者モデル100人の美人レシピ―読モがスリムで小顔で美…

「あ、『獺祭』ケースですー!……警察だァ!」

(あだつさいけーすですーけいさつだあ) 【解説】麻薬密売組織のアジト中枢部を突き止めた警察は、「獺祭」のケースですー!お届けに上がりましたー!という振りをして、ドアが開くや否や「警察だァ!」と名乗り、一斉捜索に踏み込んだのである。本当の祭は…

何か食いてえぜ!

何か食いてえぜ! お? 昼、いないな……。 いる日、おせえて? 行くかんな! (なんかくいてえせおひるいないないるひおせえていくかんな) 【解説】何か食いたいと考えて、近所の定食屋へ向かったチンピラ。昼は人手不足のため、主人はいない。店番のお婆さ…

極道ら、貰う「独語会話」

「おのれ等、爺め」「取れや!」 「ワイか……?」 極道ら、貰う「独語会話」! 「殺れ、と命じられのォ……」 (おのれらじいめとれやわいかごくどうらもらうどくごかいわやれとめいじられのお) 【解説】このご時勢では、年配の極道に居場所はない。「爺」呼ば…

「指つめ、止め!」ツビュ!

(ゆびつめやめつびゆ) 【解説】兄貴が指を詰める覚悟で刃物を当てた瞬間、親分が飛び込んできて「指つめ、止め!」と叫んだ。しかし「ツビュ!」という音と共に……。アウトロー映画の金字塔「ザ・外道音頭」シリーズの一場面である。 手品の道具 仮 指 切断…

ザ・外道音頭

ドン! 「おう、土下座だ!」「しろ!」「コラッ!」 役者、悔しく――、やつら殺した。 「ザ・外道音頭」 (どんおうどげざたしろこらつやくしやくやしくやつらころしたざげどうおんど) 【解説】しがない役者が歩いていると、ヤクザ者に肩がぶつかった。そし…

昨夜、ガス代出すが……ヤクザ。

(さくやがすだいだすがやくさ) 【解説】昨夜、あの人がとうとうガス代を払ってくれた。でも、ヤクザだった。 ヤクザになる理由 (新潮新書) 作者: 廣末登 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/07/14 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る

「行かせな!」「では……」戸板康二が辞す、屋台と派手な世界

(いかせなではといたやすじがじすやたいとはでなせかい) 【解説】戸板康二は歌舞伎の批評や随筆で知られており、推理小説を書いた直木賞作家でもある。派手な世界の大物に誘われて屋台で飲んでいたが、早々に辞すことに……。「てめえ、親分に朝まで付きあっ…

たけしは弾が飛び出る手品してるで。人がまた弾けた。

(たけしはたまがとひてるてしなしてるてひとがまたはしけた) 【解説】コノヤロー!誰かが関西弁で北野武監督「アウトレイジ 最終章」の感想を言ってるらしいぞ、バカヤロー! Cut 2017年 10 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: ロッキングオン 発売日: 2017/09/…

「げ!」「蟹や!」「う……」碌な物もなく、牢屋に影

(げかにやうろくなものもなくろうやにかげ) 【解説】三人の無口な囚人の会話である。貧寒とした牢屋であり、蟹が這い回る床には鉄格子の影が落ちている。 ミニチュアドールハウス 牢屋Mサイズ 出版社/メーカー: カントリーウッドガーデン メディア: この商…

「わい、白滝で!」「ま、ひとつ、ちゃんこ鍋食べな。――今夜ちっと暇、できたらしいわ」

(わいしらたきでまひとつちやんこなべたべなこんやちつとひまできたらしいわ) 【大意】「自分は白滝で(十分、結構です)」と言う誰かに対し「ひとつ、ちゃんこ鍋を食べなさい。今夜は少し暇ができたらしい」と応じる。 【解説】相撲界かやくざ的な世界と…

余談なれど、お魚のお店の新鮮戦士の蝉男の中さ、オドレなんだよ。

(よだんなれどおさかなのおみせのしんせんせんしのせみおのなかさおどれなんだよ) 【大意】余談だが、お魚のお店の新鮮戦士「蝉男」の中に入るのはお前なんだよ。 【解説】「おどれ」は広島地方の方言で「お前。貴様。汝」の意。「まさか、自分であったと…

悪い顔の奴らと虎、通夜のオカいるわ

(わるいかおのやつらととら つやのおかいるわ) 【解説】「ワルツを買い、そして紫蘇イカを釣るわ!」という回文を作ったものの意味不明なので少し手を加えた。 「悪い顔の奴ら」はヤクザ、「虎」というのは殺し屋の仇名である。通夜の「オカ」とはお金のこ…