回文春秋

回文と鑑賞

ホラー

既に土居はハイドに……、です!

(すでにどいははいどにです) 【解説】温厚だった土居は、隠されていたもう一つの凶暴な人格「ハイド」へと変貌を遂げていた――。演技派の俳優なら「……」の部分で「くぅ~ (>_<)」という無念の表情を浮かべて、握った拳を震わせるところである。 ハイド (角…

「痛みだって……?」「霊魂、うんこ入れてったみたい……」

(いたみたつてれいこんうんこいれてつたみたい) 【解説】激痛の理由は、体内のどこかにうんこを入れる、恐ろしい霊魂の仕業だったようだ。読者の皆さんも、幽霊や先祖を粗末に扱うと、こうなってしまうぞ! 平田篤胤――霊魂のゆくえ (再発見 日本の哲学) 作…

多年、豚といた屍体と多分寝た

(たねんぶたといたしたいとたぶんねた) 【解説】多年にわたり豚と共にいた屍体と、たぶん一緒に寝てしまった――。こうなるとナンセンスな回文というより一行ホラー小説である。 屍体 [DVD] 出版社/メーカー: クリエイティブアクザ 発売日: 2007/12/07 メデ…

カタッ。「起きてっ!」「……な?……二時になって来おったか!」

(かたつおきてつなにじになつてきおつたか) 【解説】カタッ。という音に目覚めた妻が怯えるように「起きてっ!」と叫ぶ。夜中の二時になってから何かが来たのである。夫も「な?」と寝ぼけ気味だが、遅い時間になって来たことに驚いている。 何かが道をや…

「彼だよ!」「死んだ嘘の相談士よ!」「誰かー!」

(かれだよしんだうそのそうだんしよだれか) 【解説】何と、その映像には死んだはずの嘘の相談士の姿が映っていた!「誰かー!」と悲鳴をあげても、三人の背後にはあの相談士が刃物を振り上げて……! 相談しがいのある人になる 1時間で相手を勇気づける方法…

いい日陰

いい日陰にまどろみつつ――。 「見ろ!土間に毛が!!」 「ヒイイ!」 (いいひかけにまどろみつつみろどまにけかひいい) 【解説】古民家を改修した宿で憩う若夫婦。いい日陰で妻がウトウトしていると、夫が叫ぶ!「見ろ!土間に毛が!」――それは、忌まわし…