読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回文春秋 / 季語と季節は何でしょう?

2015年の前半は回文、後半は俳句のブログだった跡地

虚しい武蔵、菓子つまみ待つ「……しかし、……寒いし、……南無」

(むなしいむさしかしつまみまつしかしさむいしなむ) 【大意】虚しさを胸に武蔵は菓子をつまみ、待ちながら「……しかし、……寒いし、……南無」と言う。 【解説】宮本武蔵は寺(あるいは墓地か)で誰かを待っている様子である。「……しかし、」以下の台詞は「バ…

軽い刀、どなたか要るか?

(かるいかたな どなたかいるか) 【解説】軽い刀をどなたかに差し上げたいのじゃ。

よいさ、鍋食べなさいよ

(よいさ なべたべなさいよ) 【解説】師匠から厳しく叱責されたものの、拙者は後で「もう、よい」と慰められて鍋を振る舞われたのじゃ。

出て、竹馬受けた 手で!

(でてたけうまうけた てで) 【解説】拙者は一歩前に出て、奴の投げつけた竹馬を手で受けたのじゃ。

真剣噛みだ!蜜柑剣士

(しんけんかみだ みかんけんし) 【解説】噂に聞く蜜柑剣士と刀を交えたところ、いきなり拙者の真剣にあやつが噛み付いてきたのでござるよ。