回文春秋

創作回文と鑑賞のブログ

漏電で火事になるべし電力会社

 

【解説】この季節には、漏電が原因となる火事が多いことだなあ。漏電で電力会社が火事になったら、もっと意外でいいかも知れないぞ。という妄想句である。

 

 

季語:火事

季節:冬

北風がたいやき袋を運ぶ夜

 

【解説】北風が、たいやきの入っていた紙袋をさらって吹き過ぎる。年末の淋しい夜の風景である。

 

東京のたい焼き ほぼ百匹手帖 (立東舎)

東京のたい焼き ほぼ百匹手帖 (立東舎)

 

 

季語:北風

季節:冬

マスクした県知事が誰かわからない

hiruyo.hateblo.jp

 

【解説】「県知事、来たる!」といったイベントの風景である。しかし、関係者も知事もマスクをしており、誰なのか分からない。もともと大して有難味を感じていないので、しらけたムードが増すばかりである。

 

家具の音楽 ?.県知事の私室の壁紙

家具の音楽 ?.県知事の私室の壁紙

 

 

季語:マスク

季節:冬

玉子酒 なぜか肴が玉子豆腐

 

【解説】合っているのかいないのか、はっきりしない組み合わせの肴に面食らっているという句である。他人の家に行くと、独特の組み合わせの料理が出てきたりするものだ(寿司にエビチリとか)。くどいようだが、玉子つながりだから良いとはどうしても思えない。

 

 

季語:玉子酒

季節:冬

侘助や「サザエさん」に出てくる名

 

【解説】「侘助」という名前は確か「サザエさん」に出てくる名前だなあ、と椿の花を見ながら感心している。「ノリスケだろ!」というツッコミを待っているのであろうか。

 

 

季語:侘助

季節:冬